会社設立を迷っている個人事業主のためのアドバイス

個人事業主の方の中には、会社設立を考えている人がたくさんいます。

そこで会社設立をすると、どのようなメリットがあるかについて説明します。



個人事業主の方が会社設立を考え始めるきっかけとして、取引先から法人でないと取引が難しいとか、法人でないので信用面に不安がある、などと言われる場合が多いのです。



会社設立をすれば取引先からそのようなことを言われることがなくなります。つまり会社設立をすれば社会的信用度が上がるというメリットがあるのです。
そのため、これまで取引のなかった会社と取引ができるようになることもあります。

また金融機関から融資を受けやすくなります。

事務所や店舗なども借りやすくなるのです。

このように社会的信用度が高まるというのは大きなメリットです。

次に、節税効果というのがあります。

ただし会社設立には費用がかかりますので、それに見合うような節税効果があるかどうかが問題になります。

個人事業の場合と会社設立した場合の税金比較をしてみることが必要になります。

個々の状況によって違ってきますが、所得金額800万円がひとつの目安となることを知っておいて下さい。

このほかにも出資者の責任が有限責任になるとか、決算日を自由に設定できるなどのメリットがあります。出資者の責任が有限責任になると、自分の財産まですべて切り崩して債務に当てるという事態を回避することができるのです。
また決算まではなるべく期間があった方が事務手続きなどが楽なので、自由に決算日を設定できると有利になります。
そのため、会社設立日から1年後を決算月に設定する事業主の方が多いです。このように会社設立には様々な面でメリットがあるのですが、デメリットもありますので触れておきます。



主なデメリットとしては、設立のための費用と手間がかかるということがあります。



しかし代行サービスなどがありますので、それを利用すると安く抑えることができますので、それほどの負担にはなりません。



https://twitter.com/clannadinmeiji
https://www.youtube.com/watch?v=RqrzscxvdMA
https://www.facebook.com/events/472640386161105/